賃貸人がいる不動産の任意売却

自分自身で住まなくなったマンションや相続しただけの戸建を賃貸に出すことで、家賃収入を得るサラリーマン大家さんが増えてきた昨今のですが、中には余剰な不動産収入を目的にした賃貸ではなく、住宅ローンのような借入金の返済にあてるためにやむなく賃貸に出しているという大家さんが存在します。


家賃収入で返済額を賄うことが出来る場合は問題ありませんが、不動産が余り借手市場と言われる時分にはそれさえもままならないこともあります。


返済が滞り、強制的に競売されてしまう可能性があるならば先手を打った任意売却を検討してするのが有効です。


任意売却がうまくいくと、競売されるよりも売却価格が高くなることが多く、借入金の返済額を増やす事が出来ます。

任意売却サイトが一番おすすめです。

任意売却自体は、不動産に賃貸人が居住中でも手続きを進めることが可能です。ただし、売却後は当然ながら現在の賃貸人には退去してもらわなければならないため、事前にその旨を伝えて了承を得ておかなければなりません。



賃貸人にとっては突然出て行って欲しいと言われてもすぐに対応できるものではありません。大抵の場合は、引越し先の斡旋や引越し費用を負担する、退去への協力金や迷惑料といった名目で慰謝料を支払うといった交渉が行われます。借入金の返済でさえ滞る状態で余分な現金を捻出するのが難しいというときには、引越しまでの賃料を割引するという交渉方法もあります。



少しでも早く賃貸人に退去して貰うことで、一刻も早く任意売却して手持の不動産を資金化するのを優先する方法と言えます。