競売を回避するためには任意売却を - 住宅ローンの返済に行き詰ったときは任意売却を

競売を回避するためには任意売却を

マイホームを購入する際にその費用の全額を自己資金でまかなえるという人はごく一部の限られた人だけです。
そのため、十分な自己資金がないという人の場合には銀行の住宅ローンを契約し、マイホームの購入費用を工面するのが一般的です。

住宅ローンでは比較的低金利でかなりまとまった金額を借入することができるためです。

任意売却のサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

しかし、住宅ローンを契約してマイホームの購入費用を工面する際には返済計画をしっかりと立てておくことが肝心です。さもないと住宅ローンの返済に行き詰ってしまうことになり、最終的には強制的に自宅を競売にかけられてしまうことになるからです。



万が一、自宅を競売にかけられてしまったとしたら自宅を失うばかりだけではなく、引っ越しすることを早急に迫られてしまう結果になってしまうことになります。



自宅を競売にかけられた後も退去をせずに住み続けていた場合には不法占拠者として法的な措置を取られる可能性もあるのです。

そのため、自宅を競売にかけられる恐れがあるときには手をこまねいているのではなく、任意売却に向けて任意売却専門の業者に相談をするなどの行動を開始することが大事です。


任意売却ならば新居への引っ越しの日取りや引っ越し費用などの面で融通がつきやすいからです。もしも、住宅ローンの返済に行き詰ってしまい競売という深刻な事態に追い込まれてしまう可能性があるときには任意売却で自宅を手放せるように一刻も早い行動が求められます。