任意売却とはどのようなものか

任意売却とは住宅ローンの返済ができなくなったときに利用する方法であり、残債が評価額を上回る際に必要になります。
住宅ローンの返済が長期的に滞ると金融機関は住宅を売却して一括で払うように求めますが、価値が下がっていると払いきれません。
このようなケースでは金融機関が裁判所に許可を得て強制的に競売にかけてしまい、相場よりも安く売られてしまう危険性があります。

任意売却の情報はこちらのサイトがオススメです。

そのため、少しでも残債を減らすために自分で売却できるようにするのが任意売却です。



任意売却を行うには債権者と債務者の双方の協力が重要です。


残債を減らすために周辺の相場を調べてそれに近い価格を提示した結果、いつまでも売れずに競売になってしまうことがあります。


また、基本的には通常の売却と同じように行うので内覧で良い印象を持たれるように住宅を清掃して綺麗に見せるなどの対応は必須です。
任意売却には高く売って残債を減らすだけでなく、そこからさらに減額するための交渉に応じてもらいやすくなるメリットもあります。


金融機関は債務者がお金を持っていないことが分かっているので無理に支払いを求めて債務整理されるよりは減額に応じた方が結果的に得になるからです。



任意売却をしても払えないような残債がある場合は自己破産した方が良いでしょう。

財産の処分という重いデメリットがありますが、そもそも処分の対象になる財産がないので関係ありません。引越しは必要ですが、生活ができなくなるものではないので有効な選択肢です。